B型肝炎訴訟


B型肝炎で一人で悩んでいませんか。自分が原因ではないのに、B型肝炎になってしまい、体の不調で仕事までなくしているようなら、訴訟を起こすのも選択肢の一つです。

しかし、一人で訴訟を起こすのは不可能に近いので、その分野を得意として、積極的に活動している弁護士に訴訟を依頼しましょう。各地で活動を行っている弁護士は必ずいるはずです。

まずは、法律事務所に相談してみましょう。B型肝炎訴訟を扱う弁護士を紹介してもらえるはずです。

ネットでも検索できますので、一度検索をしてみることをおすすめします。訴訟費用は、当然かかりますが、場合によっては支給されるので、まずは相談をしてみましょう。

http://www.jewettedc.com/ 弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

受け取りたいB型肝炎給付金

自分自身がB型肝炎給付金を受け取りたいという場合には、どうすればいいでしょうか。B型肝炎給付金を受け取るには条件があり、すべてを満たしている必要があります。

B型肝炎給付金を受け取るには、B型肝炎のウイルスに感染している人がまず対象となります。また、B型肝炎給付金を受け取るには、それだけでは十分ではなく、特定の期間に受けた集団予防接種が原因となっている必要があります。

B型肝炎給付金を受け取る資格があるかどうかという事は、かなり前の事を確認する必要があります。母子手帳などが残っているという人であれば、それを確認する事で、事実関係を把握する事ができ、法的な証拠となります。

関連

B型肝炎の発覚とB型肝炎訴訟費用

B型肝炎のニュースは世間に浸透しましたが、実感をえている方は少ないかもしれません。
症状も後から、深刻になる場合もありますので、B型肝炎訴訟費用をどのタイミングで請求するのか難しい所も多いようです。

平成になってから、過去の予防接種が原因でB型肝炎のニュースが出てきた事は、時差が大きく影響してると言えるでしょう。

すぐに発症をするわけでもなく、病状の変化も時間をかけて進行するパターンが多いので、訴訟のタイミングが難しいのが問題にもなっています。B型肝炎訴訟の時効の問題も出てきます。

被害者の心境と、治療をする医師の心境などもどかしい部分が多いB型肝炎ですが、今後は事前の対策で未然に防ぐ事が大切なのではないでしょうか。

予防接種で防ぐことができるB型肝炎の原因

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染したことが原因でおこり、肝硬変や肝臓がんを引きおこします。主な感染経路は母子感染や、幼少期の集団予防接種での注射器の連続使用、ウィルスに汚染された血液の輸血などが挙げられます。小さい子どもの場合、感染経路が原因不明のことが多いとされています。

WHOでは生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを国の定期接種として接種するように指示おり、多くの国では定期接種になっています。日本ではB型肝炎のキャリアである母親から出生した赤ちゃんだけがワクチンの接種対象であり、母親がキャリアでない場合は任意接種となっているのが現状です。

B型肝炎訴訟で弁護士費用が補助されます

B型肝炎ウイルスに感染した人は、一定の基準を満たせば、国から給付金が最大3,600万円、支給されることとなっています。
ただし、手続きとして、国を相手に訴訟を起こさなければなりません。

というのは、裁判の審理の中で、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、子供の時に集団予防接種で注射器の連続使用によるものであるとの因果関係が立証される必要があるからです。

なお、訴訟での弁護士費用は、国からの給付金額とは別途、給付金額の4%が弁護士費用として支給されることとなっています。
国が一部を負担しますので、訴訟提起した人の弁護士費用も、その分だけ負担が軽くなります。

B型肝炎の訴訟費用と肝硬変における給付金

B型肝炎訴訟におきまして、訴訟費用がかかるものの国を相手とする国家賠償請求訴訟を起こして和解を行うことにより、給付金を受給することが可能になります。このB型肝炎訴訟における給付金の受給資格は給付対象であることが認定される必要があります。

また給付金額に関しましては発症している症状などによりまして区分けされており、例えば肝硬変が発症している場合には、軽度の肝硬変なら2500万円、重度の肝硬変となっていれば3600万円の給付金を受給することができるとされております。さらに認定者に対しましては所定の訴訟手当金も支払われます。