予防接種で防ぐことができるB型肝炎の原因

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染したことが原因でおこり、肝硬変や肝臓がんを引きおこします。主な感染経路は母子感染や、幼少期の集団予防接種での注射器の連続使用、ウィルスに汚染された血液の輸血などが挙げられます。小さい子どもの場合、感染経路が原因不明のことが多いとされています。

WHOでは生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを国の定期接種として接種するように指示おり、多くの国では定期接種になっています。日本ではB型肝炎のキャリアである母親から出生した赤ちゃんだけがワクチンの接種対象であり、母親がキャリアでない場合は任意接種となっているのが現状です。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )