B型肝炎訴訟で弁護士費用が補助されます

B型肝炎ウイルスに感染した人は、一定の基準を満たせば、国から給付金が最大3,600万円、支給されることとなっています。
ただし、手続きとして、国を相手に訴訟を起こさなければなりません。
というのは、裁判の審理の中で、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、子供の時に集団予防接種で注射器の連続使用によるものであるとの因果関係が立証される必要があるからです。
なお、訴訟での弁護士費用は、国からの給付金額とは別途、給付金額の4%が弁護士費用として支給されることとなっています。
国が一部を負担しますので、訴訟提起した人の弁護士費用も、その分だけ負担が軽くなります。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )