B型肝炎訴訟の時効について

B型肝炎で別措置法に基づく給付金を貰うには、国を相手取って裁判を行う必要があるのですあ、この裁判にももちろん時効という物があります。
この給付金を貰う為の裁判は民事裁判となるので、不法行為が行われて以降20年で時効になりそれ以降は基本的に和解金等は貰う事はできません。
ただしB型肝炎の中でも、慢性的な病気の場合であったり過去にかかっていた場合は一つの特例として金額としては少なくなりますが和解金を支払うという事になっています。
なので過去に集団接種によるB型肝炎になったという方は訴訟を起こされる前に弁護士や専門の相談機関に相談することをお勧めします。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )