B型肝炎の原因の一因で針刺し事故

B型肝炎の原因はウィルスが感染する事にあります。

以前は、輸血や集団予防接種の注射器の使いまわしや医療者における針刺し事故などでB型肝炎に感染するケースが起きていました。しかし、現代では、輸血や集団予防接種もしっかりと予防対策がとられており医療者の針刺し事故もワクチンの予防接種を導入した事で感染例はみられなくなっています。

B型肝炎が慢性化すると、重篤な症状になる場合がありますので、予防接種などの対策も重要です。

もしB型肝炎に感染した場合にも、慢性化しなければ、完治する場合が多いので早期治療する事が必要です。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )