B型肝炎訴訟に必要な書類

B型肝炎訴訟に必要な書類は集団予防接種などによる直接感染である一次感染者と母子感染などの二次感染者では異なります。

一時感染者であれば、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するものや特定期間に7歳未満で集団予防接種などを受けていることを証明するもの、母親からの感染ではないことを証明するもの、集団予防接種など以外に感染原因がないことを証明するもの、病気の診断書が必要になります。

二次感染であれば、母親が一次感染者と証明する書類に加え、自分が母親から感染したことを証明するものが必要になります。

B型肝炎訴訟に必要な書類をきちんと揃えて、確実に給付金請求を行いたいですね。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )