透析が原因のB型肝炎

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染することによって発症する肝炎です。
肝炎になると肝臓の細胞が壊れてしまい、働きが悪くなります。

原因はB型肝炎ウイルスに感染することですが、透析などを行っていた患者が、チューブなどの使いまわしなどによって感染した例もあり、国が損害賠償を支払うことになった事件もあります。それ以降は注射針やチューブなどは厳重に管理されるようになり、現在は安全に透析を受けることができるようになっています。

B型肝炎に感染していても症状が出るまでは時間がかかりますので、検査を受けてみると自分の状態がわかるのでおすすめです。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )