Blog


B型肝炎の大阪での訴訟について

B型肝炎訴訟は大阪で最初に始まりました。このような国家賠償請求を求める訴えを起こした理由は、原告側が幼少期に医療機関が使用した注射器が原因で発症したというものです。

主に集団予防接種のために来院した患者に、連続して使用した注射器が問題になっています。B型肝炎以外に、肝癌や肝硬変そしてその他の慢性肝臓疾患などに悪化した原告団の救済と、医療現場の注射器の取扱いを問うものになっています。

現在は、それぞれの原告側の状態に応じて給付金が支払われ和解しています。国を相手にB型肝炎訴訟を起こした医療裁判として全国に広まりました。

Read more...