B型肝炎訴訟の時効


B型肝炎で別措置法に基づく給付金を貰うには、国を相手取って裁判を行う必要があるのですあ、この裁判にももちろん時効という物があります。
この給付金を貰う為の裁判は民事裁判となるので、不法行為が行われて以降20年で時効になりそれ以降は基本的に和解金等は貰う事はできません。

ただしB型肝炎の中でも、慢性的な病気の場合であったり過去にかかっていた場合は一つの特例として金額としては少なくなりますが和解金を支払うという事になっています。

なので過去に集団接種によるB型肝炎になったという方は訴訟を起こされる前に弁護士や専門の相談機関に相談することをお勧めします。

和解に至るまでのB型肝炎訴訟の歴史

現在の様に和解に至るまでのB型肝炎訴訟の歴史は、決して楽なものではありませんでした。また、該当している被害者の数が非常に多い事から、B型肝炎訴訟の歴史は、人事ではなく、自分の事として受け止めている人も多いのではないでしょうか。

B型肝炎訴訟の歴史は、これまで多くの人が関心を持って注目してきました。

しかし、B型肝炎訴訟の歴史を知るのはスタート地点であって、そこから問題を解決するという事が必要です。B型肝炎訴訟の歴史を知る事をきっかけに、給付金を受け取ったり、必要な医療を受けるなどして、解決していく事が重要です。今後も対象となるすべての人が救済される様、活動は続いています。

関連

B型肝炎の訴訟費用と肝硬変における給付金

B型肝炎訴訟におきまして、訴訟費用がかかるものの国を相手とする国家賠償請求訴訟を起こして和解を行うことにより、給付金を受給することが可能になります。このB型肝炎訴訟における給付金の受給資格は給付対象であることが認定される必要があります。

またB型肝炎給付金額に関しましては発症している症状などによりまして区分けされており、例えば肝硬変が発症している場合には、軽度の肝硬変なら2500万円、重度の肝硬変となっていれば3600万円の給付金を受給することができるとされております。さらに認定者に対しましては所定の訴訟手当金も支払われます。

歴史があるB型肝炎訴訟

自らB型肝炎訴訟の歴史について、詳しい把握に努めてみると、すぐに被害者が国により救済されたという分けではない事がよくわかります。B型肝炎訴訟の歴史をより詳しく知ると、原告は裁判に勝ちましたが、それ以外の人たちはすぐに救済されませんでした。

そのため、B型肝炎訴訟の歴史について知った人で、該当する人たちが、あちこちで訴訟を行う様になりました。

B型肝炎訴訟の歴史を見ると、被害者は自分のためだけでなく、自分と同じ様に苦しい思いをしている人を救いたいと行動に出たという事が把握できます。B型肝炎訴訟の歴史が始まってから長い時間が経ってから、ようやく救済される事となりました。