B型肝炎訴訟に強い弁護士 (5)


B型肝炎における必要な訴訟費用

裁判を行う際には、いろんな訴訟費用がかかりますが、証拠として提示するための資料も必要になってきます。B型肝炎においては、症状がない人もおり、その様な人もウィルスに感染しているという証拠が必要になりますので、医療機関より医療記録を取り寄せる必要があります。

また、B型肝炎の疑いがある人は、正確にどうかという事を確かめるために検査を行う必要があり、その検査費もかかります。症状があるなどという場合には、保険が適応される様です。

訴訟費用の中には、これらの書類を取り寄せたりする費用も含まれるかと思います。最終的にB型肝炎におけるすべての訴訟費用を合計すると、予想以上の金額になる可能性もあるかと思います。

Read more...



弁護士に相談するB型肝炎訴訟

B型肝炎の患者には「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置」が施行され、国から給付金が支給されることになりました。

裁判所による和解手続きが必要になるので、B型肝炎訴訟は個人でするよりも弁護士に頼んだ方がよいでしょう。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼したのであれば裁判所に出頭する手間も省けますし、医学的知識に長けたスタッフが常駐している事務所が多いので安心して任せられます。

成功報酬制のところを選べば訴訟費用が抑えられます。

もちろんB型肝炎訴訟だけでなく交通事故の相談にものってくれます。無料相談をしているので悩んでいる人は相談してみましょう。

Read more...



B型肝炎訴訟に必要な書類

B型肝炎訴訟に必要な書類は集団予防接種などによる直接感染である一次感染者と母子感染などの二次感染者では異なります。

一時感染者であれば、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するものや特定期間に7歳未満で集団予防接種などを受けていることを証明するもの、母親からの感染ではないことを証明するもの、集団予防接種など以外に感染原因がないことを証明するもの、病気の診断書が必要になります。

二次感染であれば、母親が一次感染者と証明する書類に加え、自分が母親から感染したことを証明するものが必要になります。

B型肝炎訴訟に必要な書類をきちんと揃えて、確実に給付金請求を行いたいですね。

Read more...



B型肝炎訴訟時に弁護士に対する敬称

B型肝炎は、集団予防接種で注射器を使い回ししていた時代に感染した人が多く、また感染した人の子供も同じようにB型肝炎ウィルスに感染するため、国を相手取ってB型肝炎訴訟が幾つも行われています。

訴訟となると、素人だけでは裁判で勝訴を得るのは難しいので、弁護士に相談し、訴訟の依頼をすることになります。そうなると、弁護士と話したり、郵便物を送ったりすることも多くなります。

これはB型肝炎訴訟の場合に限った話ではありませんが、弁護士など、資格名の最後に「士」や「師」の字が付く事務職の有資格者は、士業と呼ばれ、一般的にはその敬称は「先生」となります。だから、打ち合わせをしている時なども、先生と呼ぶ方が適切ですし、郵便物を送る際の宛先も相手の名前に「先生」と書くのが失礼がなくてよいでしょう。

Read more...



B型肝炎訴訟で弁護士費用が補助されます

B型肝炎ウイルスに感染した人は、一定の基準を満たせば、国から給付金が最大3,600万円、支給されることとなっています。
ただし、手続きとして、国を相手に訴訟を起こさなければなりません。
というのは、裁判の審理の中で、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、子供の時に集団予防接種で注射器の連続使用によるものであるとの因果関係が立証される必要があるからです。
なお、訴訟での弁護士費用は、国からの給付金額とは別途、給付金額の4%が弁護士費用として支給されることとなっています。
国が一部を負担しますので、訴訟提起した人の弁護士費用も、その分だけ負担が軽くなります。

Read more...