大阪 (6)


B型肝炎の大阪での訴訟について

B型肝炎訴訟は大阪で最初に始まりました。このような国家賠償請求を求める訴えを起こした理由は、原告側が幼少期に医療機関が使用した注射器が原因で発症したというものです。

主に集団予防接種のために来院した患者に、連続して使用した注射器が問題になっています。B型肝炎以外に、肝癌や肝硬変そしてその他の慢性肝臓疾患などに悪化した原告団の救済と、医療現場の注射器の取扱いを問うものになっています。

現在は、それぞれの原告側の状態に応じて給付金が支払われ和解しています。国を相手にB型肝炎訴訟を起こした医療裁判として全国に広まりました。

Read more...



B型肝炎における必要な訴訟費用

裁判を行う際には、いろんな訴訟費用がかかりますが、証拠として提示するための資料も必要になってきます。B型肝炎においては、症状がない人もおり、その様な人もウィルスに感染しているという証拠が必要になりますので、医療機関より医療記録を取り寄せる必要があります。

また、B型肝炎の疑いがある人は、正確にどうかという事を確かめるために検査を行う必要があり、その検査費もかかります。症状があるなどという場合には、保険が適応される様です。

訴訟費用の中には、これらの書類を取り寄せたりする費用も含まれるかと思います。最終的にB型肝炎におけるすべての訴訟費用を合計すると、予想以上の金額になる可能性もあるかと思います。

Read more...



B型肝炎の原因の一因で針刺し事故

B型肝炎の原因はウィルスが感染する事にあります。

以前は、輸血や集団予防接種の注射器の使いまわしや医療者における針刺し事故などでB型肝炎に感染するケースが起きていました。しかし、現代では、輸血や集団予防接種もしっかりと予防対策がとられており医療者の針刺し事故もワクチンの予防接種を導入した事で感染例はみられなくなっています。

B型肝炎が慢性化すると、重篤な症状になる場合がありますので、予防接種などの対策も重要です。

もしB型肝炎に感染した場合にも、慢性化しなければ、完治する場合が多いので早期治療する事が必要です。

Read more...



B型肝炎訴訟の時効について

B型肝炎で別措置法に基づく給付金を貰うには、国を相手取って裁判を行う必要があるのですあ、この裁判にももちろん時効という物があります。
この給付金を貰う為の裁判は民事裁判となるので、不法行為が行われて以降20年で時効になりそれ以降は基本的に和解金等は貰う事はできません。
ただしB型肝炎の中でも、慢性的な病気の場合であったり過去にかかっていた場合は一つの特例として金額としては少なくなりますが和解金を支払うという事になっています。
なので過去に集団接種によるB型肝炎になったという方は訴訟を起こされる前に弁護士や専門の相談機関に相談することをお勧めします。

Read more...



B型肝炎訴訟で弁護士費用が補助されます

B型肝炎ウイルスに感染した人は、一定の基準を満たせば、国から給付金が最大3,600万円、支給されることとなっています。
ただし、手続きとして、国を相手に訴訟を起こさなければなりません。
というのは、裁判の審理の中で、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、子供の時に集団予防接種で注射器の連続使用によるものであるとの因果関係が立証される必要があるからです。
なお、訴訟での弁護士費用は、国からの給付金額とは別途、給付金額の4%が弁護士費用として支給されることとなっています。
国が一部を負担しますので、訴訟提起した人の弁護士費用も、その分だけ負担が軽くなります。

Read more...



予防接種で防ぐことができるB型肝炎の原因

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染したことが原因でおこり、肝硬変や肝臓がんを引きおこします。主な感染経路は母子感染や、幼少期の集団予防接種での注射器の連続使用、ウィルスに汚染された血液の輸血などが挙げられます。小さい子どもの場合、感染経路が原因不明のことが多いとされています。

WHOでは生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを国の定期接種として接種するように指示おり、多くの国では定期接種になっています。日本ではB型肝炎のキャリアである母親から出生した赤ちゃんだけがワクチンの接種対象であり、母親がキャリアでない場合は任意接種となっているのが現状です。

Read more...