時効 (2)


B型肝炎の発覚とB型肝炎訴訟費用

B型肝炎のニュースは世間に浸透しましたが、実感をえている方は少ないかもしれません。
症状も後から、深刻になる場合もありますので、B型肝炎訴訟費用をどのタイミングで請求するのか難しい所も多いようです。

平成になってから、過去の予防接種が原因でB型肝炎のニュースが出てきた事は、時差が大きく影響してると言えるでしょう。

すぐに発症をするわけでもなく、病状の変化も時間をかけて進行するパターンが多いので、訴訟のタイミングが難しいのが問題にもなっています。B型肝炎訴訟の時効の問題も出てきます。

被害者の心境と、治療をする医師の心境などもどかしい部分が多いB型肝炎ですが、今後は事前の対策で未然に防ぐ事が大切なのではないでしょうか。

Read more...



B型肝炎訴訟の時効について

B型肝炎で別措置法に基づく給付金を貰うには、国を相手取って裁判を行う必要があるのですあ、この裁判にももちろん時効という物があります。
この給付金を貰う為の裁判は民事裁判となるので、不法行為が行われて以降20年で時効になりそれ以降は基本的に和解金等は貰う事はできません。
ただしB型肝炎の中でも、慢性的な病気の場合であったり過去にかかっていた場合は一つの特例として金額としては少なくなりますが和解金を支払うという事になっています。
なので過去に集団接種によるB型肝炎になったという方は訴訟を起こされる前に弁護士や専門の相談機関に相談することをお勧めします。

Read more...