給付金 (5)


B型肝炎の大阪での訴訟について

B型肝炎訴訟は大阪で最初に始まりました。このような国家賠償請求を求める訴えを起こした理由は、原告側が幼少期に医療機関が使用した注射器が原因で発症したというものです。

主に集団予防接種のために来院した患者に、連続して使用した注射器が問題になっています。B型肝炎以外に、肝癌や肝硬変そしてその他の慢性肝臓疾患などに悪化した原告団の救済と、医療現場の注射器の取扱いを問うものになっています。

現在は、それぞれの原告側の状態に応じて給付金が支払われ和解しています。国を相手にB型肝炎訴訟を起こした医療裁判として全国に広まりました。

Read more...



透析が原因のB型肝炎

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスに感染することによって発症する肝炎です。
肝炎になると肝臓の細胞が壊れてしまい、働きが悪くなります。

原因はB型肝炎ウイルスに感染することですが、透析などを行っていた患者が、チューブなどの使いまわしなどによって感染した例もあり、国が損害賠償を支払うことになった事件もあります。それ以降は注射針やチューブなどは厳重に管理されるようになり、現在は安全に透析を受けることができるようになっています。

B型肝炎に感染していても症状が出るまでは時間がかかりますので、検査を受けてみると自分の状態がわかるのでおすすめです。

Read more...



B型肝炎訴訟の弁護士費用について

集団予防接種受けB型肝炎ウイルスに感染した場合、B型肝炎訴訟によって国から給付金を受け取ることができます。

しかし、それには必要な書類を揃えて裁判所で請求手続きを行うなど、簡単には受け取ることができないため弁護士に依頼しすべて任せた方が無難です。

B型肝炎訴訟の場合、弁護士に依頼する時の初期費用は無料であると言う事務所が多く、費用も給付金を受け取った後に支払えばいいようです。

また、弁護士費用は国からの補助がありますし訴訟を起こすことで負担になるようなことはありません。

ただし、訴訟を起こすには一定の条件があるので確認する必要があります。

Read more...



B型肝炎訴訟に必要な書類

B型肝炎訴訟に必要な書類は集団予防接種などによる直接感染である一次感染者と母子感染などの二次感染者では異なります。

一時感染者であれば、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するものや特定期間に7歳未満で集団予防接種などを受けていることを証明するもの、母親からの感染ではないことを証明するもの、集団予防接種など以外に感染原因がないことを証明するもの、病気の診断書が必要になります。

二次感染であれば、母親が一次感染者と証明する書類に加え、自分が母親から感染したことを証明するものが必要になります。

B型肝炎訴訟に必要な書類をきちんと揃えて、確実に給付金請求を行いたいですね。

Read more...



B型肝炎の訴訟費用と肝硬変における給付金

B型肝炎訴訟におきまして、訴訟費用がかかるものの国を相手とする国家賠償請求訴訟を起こして和解を行うことにより、給付金を受給することが可能になります。このB型肝炎訴訟における給付金の受給資格は給付対象であることが認定される必要があります。

また給付金額に関しましては発症している症状などによりまして区分けされており、例えば肝硬変が発症している場合には、軽度の肝硬変なら2500万円、重度の肝硬変となっていれば3600万円の給付金を受給することができるとされております。さらに認定者に対しましては所定の訴訟手当金も支払われます。

Read more...