B型肝炎訴訟 (11)


B型肝炎訴訟費用について

B型肝炎で一人で悩んでいませんか。自分が原因ではないのに、B型肝炎になってしまい、体の不調で仕事までなくしているようなら、訴訟を起こすのも選択肢の一つです。

しかし、一人で訴訟を起こすのは不可能に近いので、その分野を得意として、積極的に活動している弁護士に訴訟を依頼しましょう。各地で活動を行っている弁護士は必ずいるはずです。

まずは、法律事務所に相談してみましょう。B型肝炎訴訟を扱う弁護士を紹介してもらえるはずです。

ネットでも検索できますので、一度検索をしてみることをおすすめします。訴訟費用は、当然かかりますが、場合によっては支給されるので、まずは相談をしてみましょう。

Read more...



B型肝炎の発覚とB型肝炎訴訟費用

B型肝炎のニュースは世間に浸透しましたが、実感をえている方は少ないかもしれません。
症状も後から、深刻になる場合もありますので、B型肝炎訴訟費用をどのタイミングで請求するのか難しい所も多いようです。

平成になってから、過去の予防接種が原因でB型肝炎のニュースが出てきた事は、時差が大きく影響してると言えるでしょう。

すぐに発症をするわけでもなく、病状の変化も時間をかけて進行するパターンが多いので、訴訟のタイミングが難しいのが問題にもなっています。B型肝炎訴訟の時効の問題も出てきます。

被害者の心境と、治療をする医師の心境などもどかしい部分が多いB型肝炎ですが、今後は事前の対策で未然に防ぐ事が大切なのではないでしょうか。

Read more...



B型肝炎の大阪での訴訟について

B型肝炎訴訟は大阪で最初に始まりました。このような国家賠償請求を求める訴えを起こした理由は、原告側が幼少期に医療機関が使用した注射器が原因で発症したというものです。

主に集団予防接種のために来院した患者に、連続して使用した注射器が問題になっています。B型肝炎以外に、肝癌や肝硬変そしてその他の慢性肝臓疾患などに悪化した原告団の救済と、医療現場の注射器の取扱いを問うものになっています。

現在は、それぞれの原告側の状態に応じて給付金が支払われ和解しています。国を相手にB型肝炎訴訟を起こした医療裁判として全国に広まりました。

Read more...



B型肝炎における必要な訴訟費用

裁判を行う際には、いろんな訴訟費用がかかりますが、証拠として提示するための資料も必要になってきます。B型肝炎においては、症状がない人もおり、その様な人もウィルスに感染しているという証拠が必要になりますので、医療機関より医療記録を取り寄せる必要があります。

また、B型肝炎の疑いがある人は、正確にどうかという事を確かめるために検査を行う必要があり、その検査費もかかります。症状があるなどという場合には、保険が適応される様です。

訴訟費用の中には、これらの書類を取り寄せたりする費用も含まれるかと思います。最終的にB型肝炎におけるすべての訴訟費用を合計すると、予想以上の金額になる可能性もあるかと思います。

Read more...



弁護士に相談するB型肝炎訴訟

B型肝炎の患者には「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置」が施行され、国から給付金が支給されることになりました。

裁判所による和解手続きが必要になるので、B型肝炎訴訟は個人でするよりも弁護士に頼んだ方がよいでしょう。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼したのであれば裁判所に出頭する手間も省けますし、医学的知識に長けたスタッフが常駐している事務所が多いので安心して任せられます。

成功報酬制のところを選べば訴訟費用が抑えられます。

もちろんB型肝炎訴訟だけでなく交通事故の相談にものってくれます。無料相談をしているので悩んでいる人は相談してみましょう。

Read more...



B型肝炎訴訟の弁護士費用について

集団予防接種受けB型肝炎ウイルスに感染した場合、B型肝炎訴訟によって国から給付金を受け取ることができます。

しかし、それには必要な書類を揃えて裁判所で請求手続きを行うなど、簡単には受け取ることができないため弁護士に依頼しすべて任せた方が無難です。

B型肝炎訴訟の場合、弁護士に依頼する時の初期費用は無料であると言う事務所が多く、費用も給付金を受け取った後に支払えばいいようです。

また、弁護士費用は国からの補助がありますし訴訟を起こすことで負担になるようなことはありません。

ただし、訴訟を起こすには一定の条件があるので確認する必要があります。

Read more...



B型肝炎訴訟に必要な書類

B型肝炎訴訟に必要な書類は集団予防接種などによる直接感染である一次感染者と母子感染などの二次感染者では異なります。

一時感染者であれば、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するものや特定期間に7歳未満で集団予防接種などを受けていることを証明するもの、母親からの感染ではないことを証明するもの、集団予防接種など以外に感染原因がないことを証明するもの、病気の診断書が必要になります。

二次感染であれば、母親が一次感染者と証明する書類に加え、自分が母親から感染したことを証明するものが必要になります。

B型肝炎訴訟に必要な書類をきちんと揃えて、確実に給付金請求を行いたいですね。

Read more...



B型肝炎訴訟時に弁護士に対する敬称

B型肝炎は、集団予防接種で注射器を使い回ししていた時代に感染した人が多く、また感染した人の子供も同じようにB型肝炎ウィルスに感染するため、国を相手取ってB型肝炎訴訟が幾つも行われています。

訴訟となると、素人だけでは裁判で勝訴を得るのは難しいので、弁護士に相談し、訴訟の依頼をすることになります。そうなると、弁護士と話したり、郵便物を送ったりすることも多くなります。

これはB型肝炎訴訟の場合に限った話ではありませんが、弁護士など、資格名の最後に「士」や「師」の字が付く事務職の有資格者は、士業と呼ばれ、一般的にはその敬称は「先生」となります。だから、打ち合わせをしている時なども、先生と呼ぶ方が適切ですし、郵便物を送る際の宛先も相手の名前に「先生」と書くのが失礼がなくてよいでしょう。

Read more...



B型肝炎訴訟の時効について

B型肝炎で別措置法に基づく給付金を貰うには、国を相手取って裁判を行う必要があるのですあ、この裁判にももちろん時効という物があります。
この給付金を貰う為の裁判は民事裁判となるので、不法行為が行われて以降20年で時効になりそれ以降は基本的に和解金等は貰う事はできません。
ただしB型肝炎の中でも、慢性的な病気の場合であったり過去にかかっていた場合は一つの特例として金額としては少なくなりますが和解金を支払うという事になっています。
なので過去に集団接種によるB型肝炎になったという方は訴訟を起こされる前に弁護士や専門の相談機関に相談することをお勧めします。

Read more...



B型肝炎訴訟で弁護士費用が補助されます

B型肝炎ウイルスに感染した人は、一定の基準を満たせば、国から給付金が最大3,600万円、支給されることとなっています。
ただし、手続きとして、国を相手に訴訟を起こさなければなりません。
というのは、裁判の審理の中で、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、子供の時に集団予防接種で注射器の連続使用によるものであるとの因果関係が立証される必要があるからです。
なお、訴訟での弁護士費用は、国からの給付金額とは別途、給付金額の4%が弁護士費用として支給されることとなっています。
国が一部を負担しますので、訴訟提起した人の弁護士費用も、その分だけ負担が軽くなります。

Read more...